正中線と妊娠線の違い

正中線と妊娠線の違いは断裂とメラニン色素の沈着

妊娠線と正中線の違い

 

メイドバイマムクリームは妊娠中や産後のメラニン色素対策のために作られたものです。

 

妊娠するとお腹が大きくなり、メラニンが原因の正中線が目立ってきてしまいます。
その為、妊婦さんや産後のママさん達の黒ずみ対策ケアとして、人気なのがメイドバイマムクリームなのです。

 

ママさんの子宮内で胎児が成長すると共に、お腹も大きくなり妊娠線や正中線ができてくるのです。

 

妊娠線は断裂痕

 

妊娠線はストレッチマークともいわれ、原因は違いますが肉割れともいわれています。
肉割れは急激な体型変化によりお腹、腰、太もも、腕などに白く細かい線ができます。

 

妊娠線は急激な皮下脂肪の増加や、胎児の成長に肌が大きさの伸びについていけなかったため、皮下組織にある真皮の層が断裂してしまったです。

 

肌が断裂してしまうと、乾燥とターンオーバー(肌の生まれ変わり)の乱れにより、皮下組織の角質層が固くなります。
その為、マッサージや保湿で肌を柔らかくしてあげることが大切なのです。

 

正中線はメラニン色素の蓄積

 

正中線も妊娠線と同様、妊娠でお腹が大きくなりますが妊娠線とは違い、お臍(へそ)を中心に縦にくっきりと黒ずみの線があらわれてきます。

 

正中線は受精卵から胎児へと細胞分裂が繰り返して起こる、体の接合部のひとつで男女誰にでもあります。
妊娠すると女性特有のホルモンである、エストロゲンとプロゲステロンが増加します。

 

女性ホルモンが増加すると皮下組織の基底層で、メラノサイトが活性化しメラニン色素が増産されていくのです。
メラニン色素の分泌が盛んに増産されると、色素が肌の内側に蓄積し本来は目立たない正中線が、くっきりと見えるようになってしまうのです。

 

その為、妊娠中は乳首や外陰部などの体の黒ずみや、シミやそばかすが増えたりします。

 

また妊娠中はお腹が大きくなり、洋服との接着面の擦れにより皮膚を刺激し、メラニン色素が蓄積しやすなるので黒ずみの原因にもなります。
出産後はママさんから乳児が必要とする、栄養が詰まった母乳をたくさん飲むので、体の水分がどんどん出て行き肌が乾燥しやすくなるのです。

 

肌が乾燥すると妊娠線と同様に、ターンオーバーの機能が乱れ古い角質が排除されず残るので、角質層が硬くなり黒ずみやすくなります。
つまり正中線があるということは、ホルモンの乱れ、擦れによる刺激、乾燥などにより肌がダメージを受け、メラニンが過剰に発生している状態といえるのです。

 

ですからメラニンの生成を抑えるには、潤い成分がたっぷり配合されたメイドバイマムクリームで、肌を整えることがとても大切なのです。

 

メイドバイマムクリームが妊娠線と正中線ケアができる理由

 

メイドバイマムクリームは妊娠線や正中線に悩む妊婦さんに口コミでも評判のクリームです。
2つの症状には違いがありますが、なぜひとつのクリームでWケアができるのか疑問に思う人も多いです。

 

その答えは美白成分と保湿成分の2つが配合されていることです。

 

妊娠線に必要なのは弾力を与えるためにも肌に保湿成分を浸透させることです。
正中線に必用なのはターンオーバーを促す保湿成分とメラニンの生成を抑える美白成分です。

 

どちらの症状も共通して言えるのが保湿をすることです。
それに美白成分として効果があるトラネムラサキ酸とグリチルリチン酸2Kの2つの美白成分を配合しているのがメイドバイマムクリームとなるのですね。

 

そのため、メイドバイマムクリームは正中線のケアをしたい人だけでなく妊娠線ケアをしたい人にも口コミで評判となっています。

 

メイドバイマムクリーム口コミへ

関連ページ

メイドバイマムクリームの最安値!薬局や通販から調べてみた
正中線クリームとして評判のメイドバイマムを最安値で販売している店舗を紹介しています。定価が7000円ですが、2000円以上が割引された価格での販売となっています。最安値で購入する方はコチラ。